【失敗回避】コンサルティングする上で絶対知っておきたいマーケティング手法19選!

SNSマーケティングや、WEBマーケティング戦略を行うに当たって、初心者だと何をどうすればいいのかわからない状態に陥ってしまうことはよくあることです。

この原因は「知らない」から「わからない」となります。

今回は、これから「先生」「講師」になる方へ、マーケティング手法をお伝えします。

コンサルティングされる上でこの記事を読んで頂くと手法には迷わなくなるので、例の如くパクリまくって下さい。

今回のポイント3つ

・できるだけ実践すること 

・同業のマーケティング手法を覗くこと 

・ターゲットに合ったマーケティング手法を使うこと 

今回はQ&A形式でお伝えしていきます。

では習得していきましょう。(できるだけ絞りました)

コンテンツ

WEBマーケティング(Online)手法5選

WEBマーケティングの手法には以下の5つがあります。

  • WEB広告
  • SEO
  • コンテンツマーケティング
  • SNSマーケティング
  • メールマーケティング

では、これらの5つを詳しく解説していきます。

WEB広告

インターネット広告のイメージのイラスト | エコのモト
WEB広告とはなんでしょうか?

WEBでの広告全般を指します。

例)

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • SNS広告
  • 動画広告
  • ネイティブ広告
  • メール広告
  • アフィリエイト広告

色んな広告がありますがWEB広告を使うなら専門のWEBマーケッターにお願いする事をオススメします。
別の機会にWEB広告についてお伝えしたいと思います。

時間をかけずにお金をかけて短期間で成果を狙いたい時に使う手法です。

SEO

Google SEOのフリー素材・無料の写真 | 1920 x 1280| ピクト缶
SEO対策というものでしょうか?

SEOとは、Search Engine Optimizationで、GoogleやYahoo!と いった検索エンジンで特定のキーワードで検索した際に、Webページがより上位に表示さ れるように工夫することです。

この2つに集約されます。

「キーワードを決めて記事を書くこと」
「リンク対策をすること」

SEOを追っかけていくことも基本ですが、まず貴方だけの検索ワードというものの選定も重要となってきます。

コンテンツマーケティング

出典:Content Repurposing Ideas: The Periodic Table of Contentより
コンテンツマーケティングとは何ですか?

コンテンツマーケティングとは、読者にとって価値あるコンテンツの制作・発信をとおして見込み顧客のニーズを育成、購買を経て、最終的にはファンとして定着させることをめざす一連のマーケティング手法です。

「お役立ち情報」を載せているブログサイトなどが初心者にはイメージがつきやすいです。

SNSマーケティング

SNSマーケティングとはなにでしょうか?

SNSマーケティングとは、TwitterやFacebook、Instagram、LINE公式アカウントといったSNS (ソーシャルネットワーキングサービス) を用いることで、企業または商品・サービスに対する顧客のロイヤルティを高めることを目的とした、マーケティング活動です。

コミュニケーションが鍵で、UGCと言われるユーザーが率先して独自コンテンツを出すことで個人ブランディングも大きな影響を及ぼしています。

メールマーケティング

メールマーケティングってメルマガとは違いますか?

はい、メルマガもメールマーケティングの一つです。

ビジネスの世界でメールマーケティングはポピュラーな手法であり、メールをいかに上手く活用するかで企業の売上は大きく左右されると言っても過言ではありません。

例)

  • ステップメール
  • リターゲティングメール
  • 休眠顧客発掘メール
  • メールマガジン(メルマガ)

メールはSNSに比べると人口が減っていると思いがちですが、2020年末には30億人に達するとも言われています。

手軽に使えることから意外にも相性の良い業種は多いです。

リアルマーケティング(Offline)手法9選

リアルマーケティングの手法には以下の9つがあります。

  • 訪問販売
  • チラシ戦略
  • テレフォンアポイント
  • セールスプロモーション
  • FAXDM
  • DM
  • カタロ、ニュースレター配布
  • セミナー集客
  • イベント集客

では、これらの9つを詳しく解説していきます。

訪問販売

え?訪問販売って令和のこの時代にあるんですか?

はい、あります。イメージが悪い方もいらっしゃると思いますが地方では意外と成り立っています。

地域性と確率の問題でもあります。

チラシ戦略

チラシも今時難しいんじゃないですか?

そんなことはありません。

業種によりますが地域とターゲット、顧客が望んでいた打ち出しであればチラシ効果も高いです。

最近だとSNSのQRコードを添付してキャンペーンなどを行っていデータ分析をするケースもあります。

テレフォンアポイント

どうせ切られませんか?

その通りです。

テレアポ(テレフォンアポイント)はコールする回数とトークスクリプトが大事です。

実際に自分がテレアポを受けてみるとトークスキルの違いに気付きます。

セールスプロモーション

大型ショッピングモールで開催しているイベントなどですか?

その通りです。

携帯、ガス、電気などのライフラインや、英語教材、アプリダウンロード、保険、ウォーターサーバーなどは目にしたことがあるんじゃないでしょうか?

飛び込み営業と近いくらい即決営業力が問われます。

FAX DM

今時FAXは効果ありますか?

はい、業種によりますが効果はあります。

医療関係、法人に対しての営業だとリアクションがあります。

しかし、注意点はクレームになりますので対処法が必要です。(特に医療関係)

DM

SNSのDMですか?

違います。

紙媒体(良い紙、ハガキの様なイメージ)です。電子メールより反応率は良いです。

カタログ、ニュースレター配布

ニュースレターは効果ありますか?

はい、ニュースレターは売り込みは厳禁です。

親近感、顧客に対してお役立ちが前提です。

定期的に送ることが「今すぐ客」以外のアプローチになるので重要です。また、集客とは違いますがロイヤルカスタマーへの育成にも効果的です。

セミナー集客

セミナーに集客する集客方法がわかりません

セミナーポータルサイト、SNSマーケティングで集客する、個別にお伝えすることが有効的です。

セミナーはフロントエンドとしても効果的ですので集中して集客すると良いですね。

イベント集客

イベントに中々集客できません、何か良い方法はありませんか?

良い方法は勿論あります。簡易的に下記項目があります。

  • 参加申込に対するハードルを下げる
  • 独自メリット、特徴を作る
  • 誰のための何のイベントかわかりやすいキャッチコピーを作る

マスメディア戦略のマーケティング手法5選

マスメディアのマーケティング手法には以下の5つがあります。

  • テレビCM
  • ラジオCM
  • 新聞広告掲載
  • 雑誌
  • 出版

では、これらの5つを詳しく解説していきます。

テレビCM

テレビCMで集客は期待できますか?

集客効果としては薄い可能性が高いです。

テレビCMは短期間での認知度向上。商品、企業ブランドの信頼構築が主な効果となります。

ラジオCM

ラジオは聞く人いますか?

ラジオを聞いている方は意外といます。

例えば、業種によっても聞いてる方々が多いです。

運転する業種の方はラジオを聞くことは珍しくないですし、高齢者の方もラジオを聞くこともありますのでターゲットに向けた商品ですと効果は考えられます。

新聞広告掲載

新聞広告はどんなメリットがありますか?

新聞広告掲載のメリットをまとめたのでご覧下さい。

  • 知識欲があり、年齢層の高い読者へ訴求が可能。
  • 新聞の信頼性が高いイメージなので広告も信用される。
  • 地域を選んで出稿可能。
  • 一部当たりの料金が他の紙媒体に比べて安い。
  • 空き枠での出稿の場合には安い料金での実施も可能。

雑誌

雑誌掲載を考えてます。どんな雑誌を選べば効果的でしょうか?

ターゲットに直接訴求したい雑誌が相性良いです。

雑誌掲載、広告の特徴は専門特化できるのでターゲットに直接訴求できます。

雑誌毎に、読者層の年齢、性別、趣味・嗜好、職業やライフスタイルなどが絞れることが特徴です。

例えば、バイク雑誌に高級革グローブ(手袋)の商品掲載するなどで効果的は反応を得られます。

出版

なんで出版するとブランディング向上につながるのでしょうか?

本の出版は認知度と信頼性を獲得できることからブランディング向上につながります。
工藤の知り合い経営者も書籍出版から全国認知が一気に広がりブランディングが確率されています。

マスメディアのマーケティングは直接的集客よりもブランディング、認知となります。 

マーケティング手法19選まとめ

いかがでしたでしょうか?

少しボリューミーでしたでしょうか?

自分のマーケティングにハマるとビジネスが凄く楽しくなってきます。

「好きこそ物の上手なれ」という言葉の通りです。

今回のポイント3つ

・できるだけ実践すること 

・同業のマーケティング手法を覗くこと 

・ターゲットに合ったマーケティング手法を使うこと 

パクれるものはどんどんパクっていってくださいね。

此処まで見てくれて有難う御座います。ご縁に感謝です。

次の記事でもまたお会いしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (6件)

コメントする

コンテンツ
閉じる