【超初心者向け】リッチメニューにカードタイプを表示させる設定手順方法

リッチメニューからカードタイプを表示する

LINE公式アカウントを”他社と違う見え方の”売上の上がるようなものを創りたくありませんか?

下記のようなご質問をいただくことも多いです。

また、「リッチメニューの設定変更をしたいけどわからない。」「リッチメニューからカードタイプを出したいけどわからない。」というお声も多くいただきます。

今回の記事は『リッチメニューからのカードタイプ設定の仕方がわかる』『リッチメニューがない店舗や直接URL遷移している店舗との差別化になる』ためのマニュアルとして、ブックマークなどしておいていただければと思います。

どんな効果が出るかは「まとめ」に記載しておきます。

とくに、下記に当てはまった方は是非、わかるまで読んでください。

こんな方に見てほしい記事です。

①あまり頻繁に設定変更ができない実店舗オーナー様

②店舗の売上を任されている店長やマネージャー様

③実業でマーケティング担当の社員様

④これから副業する方

⑤事業されている経営者

コンテンツ

手順の前にリッチメニューとは?(復習)

エステサロンのリッチメニュー

LINE公式アカウントのトークルームの下のメニューの部分が「リッチメニュー」です。

HPのメニューの部分が上にあることに対してリッチメニューは下に搭載されます。

また、大きいサイズと小さなサイズがあり、1〜6区画(ボタン)の設定、設置が可能となります。

このリッチメニューの項目でも押されるかどうか?有効的な設計かどうか?は分かれたりするんです。

手順⓪全体の流れを把握し、作る手順も頭に入れておくことが重要

手順としては4ステップなので1度覚えてしまえば簡単です。

ただ、手順がわからずに初心者には難関に感じることもあります。

3回設置すれば覚えます。頑張りましょう。

手順①リッチメニューには直接リンクを開くチャットモードとカードタイプを開けるBOTモードがある

リッチメニューからカードタイプを表示させるには「設定」→「BOT」モードにする必要がある。

ここを忘れてしまうと、「あれ、おれ、なにしてんだろう?」ということになります。

設定を忘れてよく起こること

「HELPです!タップしているのに機能しません!」なんてことは良く言われます。

80%以上「BOTモード」から「チャットモード」にしてしまっていることが原因となってしまってます。

まず設定を見てくださいね。

手順②カードタイプの作成をする

まずはカードタイプを4つの種類から選択する。

カードタイプの種類

プロダクト・・・一般的にサービスメニューで使うことが多い。他のカードタイプとの違いは価格設定が可能です。

ロケーション・・・店舗案内の地図を載せることが多いです。MAP連動してます。

パーソン・・・経営者、代表あいさつ、スタッフ紹介などの「人」のご紹介の場合に使われます。

イメージ・・・住宅系、小物、コスメに多い。Instagramのように綺麗に写真を撮ってスライドショーで配信する場合も多い。応用では4コマ漫画のように4コマ設置して配信する場合もあります。

<プロダクト>

■スマホから見た画

■LINE公式アカウントの管理画面(上段から)

<ロケーション>

■LINE公式アカウントの管理画面

・「住所を入力」

・「追加情報を入力」

上記の項目が変更点ですね。管理画面は特にプロダクトと大きく違いません。

<パーソン>

■LINE公式アカウントの管理画面

・「タグ」が3つまで貼れます。

このタグはハッシュタグとは違い、「わかりやすく表示する」くらいの意味合いです。

<イメージ>

■LINE公式アカウント管理画面

画像のみで見せる場合は効果的です。

それぞれの特徴を把握して友だち(ユーザー)に効果的な見せ方をしましょう。

では次に自動応答設置をしていきます。

手順③自動応答でリッチメニュータップとカードタイプを連携させる

・タイトル・・・自分が把握できれば大丈夫です。ただし、スタッフ共同管理の場合や、構築会社はクライアントがわかるタイトルにしましょう。

・ステータス・・・「自動応答を機能させるかどうか」なのでONにしておきましょう。

・スケジュール・・・オープン時、クローズ時でわけることも稀にあります。

・キーワードを設定する・・・自動応答を呼び出すキーワードなので必ず設定しましょう。

・カードタイプ・・・赤枠右端の「カードタイプ」を選ぶ。

ここまでくればもう少し!頑張りましょう。

手順④リッチメニューとカードタイプを自動応答で繋げる

残りはリッチメニューの自動応答の呼び出し方のみとなります。

下記の動作をしていきます。

・リッチメニューの区画(パネル)に対して「テキスト」(文章)を発動

・発動した「テキスト」(文章)に対してカードタイプを発動させます。

注意Pointと詳細手順
1、リッチメニューテキスト設定
2、自動応答キーワード設定
3、カードタイプ設定

スマホ画面で見たカードタイプ表示

ちゃんとスマホで発動するかチェックしてくださいね。

自分自身では「できた!」と思っていても意外とできていないです。

カードタイプの注意点

カードタイプを編集したのに変更になっていなくない!?バグかな?

という声があります。

このままでは変更されないので、カードタイプを編集した時には自動設定から外して、再度設定しなおすことが必要となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あるLINEマーケティング企業のデータによると、リッチメニューと作り込み次第では30〜70%アクティブになり、売上に繋がりやすくなることが言われています。

この記事を「マニュアル」として活用してみてください。

リッチメニューからカードタイプを表示する

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コンテンツ
閉じる